シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月読書会

<<   作成日時 : 2015/11/27 08:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

11月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。
以下に、学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。
学習内容は、『霊性進化の道しるべ 第5章』と、“真理を正しく理解し、実践することの大切さ”です。





◇霊訓に入る前の学び◇〜真理を正しく理解し、実践することの大切さについて〜


■スピリチュアリズムの発展にとってよいかを第一に考える

「真理を理解するには前もって魂に受け入れ態勢ができあがっていなければならないということです。その態勢が整わないかぎり、それは岩石に針を突きさそうとするようなもので、いくら努力しても無駄です。 (霊訓七/69)」

“真理をありのまま伝える”ことは大切ですが、真理は時期が来ないかぎり受け入れられることはありません。

例えば肉食について人に話すとき、スピリチュアリズムにおいて肉食をしてはならない理由をしっかり伝えられる相手ならばよいとしても、そうでないなら他宗教と同列のもののように捉えられてしまう場合があります。

人に真理を伝えるときは、必ずスピリチュアリズムにとってよいことであるかを考えることが重要です。伝え方によってはスピリチュアリズムにとってマイナスになる場合があるからです。
真理は私達の日常生活の中で広く応用していくことが大切なのです。



■真理の本質(深い意味)を捉える

「地上への降下を待ち望んでいる霊力には、その表現形式が無数にあります。種類も形式もおびただしい数があり、さらには、用意された通路に合わせて形態を変えます。 (道しるべ/115)」

霊力の降下には様々な表現形式があります。だからといって、今自分がやっていること(表面的・形式的な読書会・ブログ、ボランティア等)に満足してはいけません。真理を普及し人類を救済するには、活動そのものよりも、より高い霊力を降ろそうと常に努力していることの方が重要なのです。

なぜなら、一人一人が高い霊力(地上を更生し慰安し豊かにしていく力のある霊力)を下ろす通路になれば、地上界は少しずつ浄化されていくからです。霊界はより高くより純粋な霊力を降ろせる通路を切望しているのです。
そのためには、心の中から唯物思想、地上的概念、人間的感情等を取り除き自分を浄化する努力が必要です。





◇霊訓からの学び◇

霊性進化の道しるべ 第5章』 (P116/BL3〜P124)


■宗教についての見解

宗教とは人のために役立つことです。シルバーバーチがこの単純な真理を繰り返し訴えるのは、今の地上宗教が地上人の魂の自由を奪っているからです。

また霊界では霊の資質がすべて周囲に知られています。資質を高め、霊的豊かな人間になりたいという強い意志を持つことです。そのためには毎日をどう生きるかが大切です。死後に残るのはどれだけ霊的成長できたか、それだけです。



■スピリチュアリストの為すべき仕事

地上には改善すべきことが沢山あります。だからといって焦ったり、無力感を感じるのではなく、自分の損得を忘れ、霊的なものを優先して生きることです。
霊界に行けば同じ霊性レベルの人同士の付き合いになるのですから、様々な霊性レベルの人間が交じり合う地上で今頑張って生きることです。



■霊界通信の受け止め方

霊界は次のような思いで通信しています。
@脅し文句で信じさせる方法はとらない
A各自に神性が宿っていることを自覚させ、より多く発揮するように願っている
B現状に満足せず、より大きな自由を目指し進歩してほしいと願っている
C理性の反発するものは拒否してもよいが、教えは神の御心、意図を伝えるものである

相手には神性が宿っており、その神性に向かって話すという意識でいることが大切です。ただし、真理は絶対に無理強いしないことが重要です。



■真理普及の大事業に携わる者の注意点

@死後の存続
A死後も永遠に生き続ける
B他界した愛する人と再会できる
C霊界は愛のヒエラルキーによって支配される世界である
(利他愛を多く発揮できる人が上に立つ愛の世界)

こうした内容は長く真理に携わっている者にとっては当たり前のことであっても、たえず発信していくことが大切です。わずかな真理の言葉でも光に思える人がいるからです。
同時に、今私達が手にした知識も全体のほんの一部であることを認識し、真理はより深く探求していくことが重要です。



■シルバーバーチの確信

シルバーバーチは謙虚な気持ちで、また確信を持って私達の神性に向かって訴えています。ですから、霊訓を読むときは、純粋な思いで受け止めることが重要です。
そのためには、心の中から唯物的な思想や地上的概念、宗教教義、傲慢さ等を取り除くことです。それらがあると、真理は深く理解できないからです。



■人類救済霊団の目標

霊団の目標は、意義あるものを地上界にもたらすことです。

・摂理の存在を証明する(因果律)
・霊的知識を広め、慰めを与える(死者との再会)

今私達が真理を手にしているということは、過去における善因の結果であると言うことができます。ならば、今日も善因のタネをまこうと努力することです。摂理は目に見えませんが、このように活用して考えることが大切なのです。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

11月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる