シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月読書会

<<   作成日時 : 2015/09/24 10:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

9月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。
学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。
学習内容は、『霊性進化の道しるべ 第5章』と、資料「それぞれの界層の模様に付随して」他です。




霊訓に入る前の学び


■反戦・平和運動

戦争をなくす一番の方法は真理を普及することです。それによって、人類が「霊性による一体性」を理解すること、要するに「私達は霊的一大家族である」ことを心から得心することです。

この方法は一見、時間がかかるように思えますが、人類史上戦争が止んだことは一度もないのですから、たとえ五百年・千年かかろうと平和が招来されるのならば、これが最も確実な方法と言えるのです。

またニュースを見るとき、悲惨さや残酷さで重要度を判断するのではなく、それが基本的真理「互いに愛し合うこと」に反した結果起きた事なのか、それとも単なる事故なのかを見分けることが重要です。人間の悪意や利己主義等によるものであるなら、そこから学び摂理違反を改める方向へと働きかける必要があります。

反戦・平和運動として戦争の悲惨さを語り継ぐことは、真理を知らない人々にとって大変重要なことですが、大切なこととそうでないこととを区別し、基本的な真理の大切さが分かるようになれば、地上から戦争はなくなります。




霊訓からの学び

霊性進化の道しるべ 第5章』 P108 L2 〜 P112 L7


■内部に潜在する力と道具としての活躍

私達の内部には霊的な資質が潜在しています。
自分は霊的存在であること、内部には大霊と同じ力が宿っていることを認識して生きることで、人間的な狭い意識(自分の能力を過小評価したり、反対に過大評価して傲慢になる等)を突き破り、霊としての素晴らしい力を発揮することができます。
それが道具として働けるということであり、霊力の通路になるということです。
そのためには一人静かな時間の中で自分の霊と対話し、潜在する力を呼び覚ますことです。一日たった5分であっても、一年、十年と経てば内部の大霊が大きく発現していきます。



■地上の人間を頼ってはならない

地上の人間を頼るのではなく、守護霊や背後霊の力に頼ることです。人間よりはるかに広い視野で導いてくれるのですから、困った時には導きを願い出ることです。その回答がすぐには得られなくても、ふとした時に考えが浮かんだり、夢で教えられたりする場合があります。
(現代人はネットやスマホによって絶えず人と連絡を取り合っているために、インスピレーションがキャッチできないのです。)



■人間はひとりぽっちではない

スピリチュアリストは、守護霊や背後霊たちの愛に包まれていることを強く意識することです。その実感を持てるよう努力することが大切です。



■大霊の意志によって築かれた力

交霊会(読書会)に集いその場で築いた力は、会場を去った後も弱まることはありません。その威力は、私達が実践と普及に携わっているかぎり、いつでも発揮されます。



■利他愛の法則

心には愛を、精神には知識を、霊には奉仕の覚悟で満たすことです。そういう思いで日常生活の中で人と接していれば、いい人生が送れるようになります。

また利他愛の法則は、自分から先に、多くを与えることです。
もし奉仕の覚悟が持てないというなら、それは自己滅却ができていないことであり、自分自身が前面に出てしまっているのです。



■スピリチュアリストの義務

・大霊の意志を行使する(真理を普及する)
・反対者がいても構わず遂行する
・大霊の目から見て正しいことをしているかぎり、霊界の勢力が味方してくれる(だから孤軍奮闘でも頑張ること)



■スピリチュアリズムは必ず成功する

高級霊には、地上界の進化と平和の到来はすでに分かっていることです。
シルバーバーチが“必ず成功します”と言う以上、私達もその確信と信念をもって頑張ることです。
神と神の摂理への信頼があれば、絶望することはありません。どんなに嫌なニュースを見ても、それは平和への一過程に過ぎないのであり、最高の平和のイメージを思い描いて日々希望に燃えて生きることが大切なのです。



■普及は一人一人

大勢を一度に目覚めさせることはできません。普及は一人一人の進化に合わせて進んでいきます。
大霊は気長・悠長であり、一人一人を大切に愛の思いで目覚めるのを待ってくれています。ですから、私達スピリチュアリストが焦る必要は全くありません。



■スピリチュアリズムの必要性・重大性

真理は地上界に希望と光明と平和と調和をもたらすために必要なものです。また私達一人一人にとっても同じように必要です。
真理を手にした一人が周りと調和して生きるようになれば、その家庭が調和し、そうした家庭が増えるに従って地上界にも調和が訪れます。

スピリチュアリストは常に希望を持って楽天的に生きることです。その姿を周りに見せることが最大の普及になるのです。
もし絶望するようなことがあった時、“絶望からは何も生まれない”ことを思い出し、自分なりの方法ですぐに気持ちを払しょくすることが大切です。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

9月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる