シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月読書会

<<   作成日時 : 2014/11/23 11:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

11月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。
学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。学習内容は、資料「霊の成長は永遠につづく」 、「それぞれの界層の模様」と、『霊性進化の道しるべ 第2章 P47〜53』です。




■再生の意義

@カルマの清算
Aさらなる霊的成長
再生を繰り返す中で、意識の中枢が物質→精神→霊へと変わっていきます。つまり物的な満足を得ることよりも、精神、そして霊の満足を求めるように変わっていくのです。これが理解できると、再生の少ない人々に対して寛大な思いを持つようになります。


■安楽死について

スピリチュアリズムでは安楽死は認めていません。人間も動物も命は神のものです。
肉体上の病気・苦しみは、死とともに消滅します。死を選択するということは、カルマ清算の道を放棄したことになり、死後には強烈な心の痛みが生じるようになります。

地上界には真理が行き渡っていないため、テレビ等の報道は霊的視点に欠けています。すべての物事は真理に沿って正しく見なければなりません。
また今の時代、真理を実践しようとする人は稀です。せめて霊界があることだけでも伝えようという思いを持ち続け、霊界の通路になることが大切です。


■霊界を実感する

肉眼で見えていなくても、霊界は目の前にあるのだと強く自覚することが重要です。霊的知識を得るに従い、少しずつ霊界が当たり前の世界になり、実感が湧くようになります。そうなると、自然に霊主利他愛の実践に励むようになります。実感にまで至らないと、周りの人との生き方のギャップにむなしさを感じることもあるからです。


・資料「霊の成長は永遠につづく」より

地上界は霊界・幽界よりも苦しい世界だからこそ、その分大きく成長することができます。
真理を学び霊界・幽界のことを知れば知るほど、地上にいても意識は霊界にあるという状態になります(霊主肉従)。
反対に、死んで霊と霊体は幽界にいるのに地上のことに囚われていると、意識は地上界にあることになります(地縛霊)。
スピリチュアリストは、地上にいても意識は幽界・霊界にいる状態を目指さなければなりません。


・資料「それぞれの界層の模様」より

【霊界】 神が光線源
@霊的親和性で完全に住み分けされている
A思念が基本的表現の一つ
B思念はテレパシーで伝わる
C意識の共有化がおきる(類魂)
D霊格だけがものを言う

【幽界】 神が光線源
@地上のレプリカ。気の合う人と暮らす
A思ったことがすべて叶う。創造的作業(仕事)がさまざまな過程を経て行われる
B思念を言語で伝える人もいる
C―――
Dお金も地位もや名声も意味をなさない

【地上界】 太陽が光線源
@肉体(血縁)の絆で暮らす。発達段階がマチマチ
A五官(物的感覚)で感識する条件下にいる。自我の表現は粗末な五つの感覚でする。テレパシーによって交信しあえる段階までは進化していない。物的手段によって自我を表現せざるを得ない条件下におかれた霊的存在
B思念は言語にして伝える
C意識の共有化はない
Dお金や地位や名声がものを言う

霊界・幽界は愛がすべての世界であり、公平な愛を持っているほど霊格は高くなります。
地上界も愛が基本であることは同じですが、肉体を持っているために本能意識が優位に立ちやすく、お金や地位がものをいうようになります。
今後数十年、数百年を経て、次第に愛が基本となる世界へと変わっていきます。




◇ 『霊性進化の道しるべ 第2章』 P47 L4 〜 P53 L3 ◇


■発達の第一歩は真理を知りたいという願望から

@謙虚に真摯に敬虔な気持ちであること
A知識を自分の信念の確立に役立てること
B他人のためにそれを役立てる決意を持つこと

誰もが迷いのある過程を通ります。そういう時、私たちは背後から鼓舞されているのです。また真理の理解が浅いと迷いが出るものです。霊界に鼓舞してほしいと自分から願い出るようになったとき、スピリチュアリストとして確立できたことになります。


■背後霊団

スピリチュアリズムのために働く者は、霊界の愛の保護下にあります。そのことを強く自覚することによって、私たちが霊界から励まされ、勇気づけられ、感動させられ、支援されていることが分かるようになります。そうなると普及にも熱誠と情熱を持つことができるのです。
また、この人はと信頼していた人から裏切られることもあります。そんな時は、神のために働いているのだと思うことで気持ちを収めることができます。


■霊界から地上界への霊力の行使について

霊界から地上界へ霊力を行使する困難さは、バイブレーションの違い以上に地上から放散される波長があまりにも低いことが原因です。(自分だけは、自国だけはという思い。物質主義・利己主義の蔓延)
だからこそ、スピリチュアリストの存在(霊力の通路)が必要なのです。私たちが少しでも霊性を上げることによって、霊界からずい分と導きやすくなるのです。


■今の自分は過去の結果である

今のあなたは、新生霊として地上に誕生した時からの行為の総合結果です。真理に出合えたのは、これまで良い行為をしてきたからであり、正しい道を歩んできたことの結果なのです。


■良心に気づかない

誰もが自分の間違いに気づくとはかぎりません。例えば個人的な間違い(万引き等)には気づきますが、大衆でやっていることや習慣化していること(肉食、グルメ、食べ放題、民族・国同士の戦争等)になると気づきにくくなるのです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

11月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる