シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月読書会

<<   作成日時 : 2014/02/22 13:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加いたしました。
以下に、学んだ箇所からいくつかをご紹介します。学習内容は、「霊的意識を高めることが利他愛発現の意欲になること」と、『シルバーバーチは語る 第22章』です。




◇霊的意識を高めることが利他愛発現の意欲になること◇


◆一人一人の霊主肉従の闘いが人類救済につながる
なぜなら、霊主になると自然に利他愛を発現するようになり(霊の本性は利他性である)、自分のことより他人を優先するようになるため、地上が霊界のように利他愛の世界へと変わっていくからです。
霊主の努力は自分のためでもありますが、全人類のためにもなります。同時に二つのことがなされるのはスピリチュアリズムの素晴らしい点です。


◆一人静かな時間を持つのは何のためか
@霊性があることを認識する(自分の中の霊を認識しない限り霊肉の闘いはできない)

A霊性を開発する(霊肉の闘いを通して霊性が開発されていく)

B利他愛の発現へとつながる(霊主の状態になるため自然に利他愛を発現できる)


◆霊主と肉主の見分け方
霊主→心はすがすがしく清らかな思い、愛の思い、大きな心が持てる
肉主→暗く重苦しくすっきりできない、人への批判の思いが湧きあがり自分の利益を先に求める

自分が今霊主なのか肉主なのかを見分ける霊的感性が必要です。また常に努力しない限り、肉主へとすぐに落ちてしまいます。
ただ問題は、肉主の状態を見分けるのは簡単ですが、霊主の状態は分かりにくいこと(清々しさは霊主でなくても持てるからです)、自分がどれくらいの霊性か分からないことです。だからこそ精一杯努力していることが大切なのです。
一つの見分け方としては、“全人類への思いがあるか、その思いが心の中をどのくらい占めているか、行動の目的がどこにあるか(人のためか、自分や家族のためか)”を見るとよいでしょう。

地上にいる限り、ヒーラーであろうと読書会の開催者であろうと霊肉の闘いは一生続きます。


◆知識は活用する
霊界が近くにあり、応援し導いてくれていることをどれほど実感を持って認識できるかが重要です。その実感が霊主肉従の闘いの励みになるのです。
霊的知識を得たら、霊主の努力に向かうようにならなければ意味がありません。霊主の努力を通して、これまでの肉主の状態から霊主の状態へと変わることが重要なのです。霊主になって初めて霊的成長できるからです。



『シルバーバーチは語る』 第22章 P392 L5〜P403 ◇


◆生まれ変わり
再生は進化のためにあります。進化とは心が広がることであり、きれいな霊になることです。


◆生命が生活する世界
地球以外にも生命が生活する世界はたくさんあります。ただし「大霊の子」という意味において、世界は一つであるということです。こうしたシルバーバーチの言葉から、自分の意識を広げていくことが大切です。


◆霊体(霊耳、霊眼)について
肉体の中にいる間は、霊の目で見たことを通常意識で自覚することができません。しかし睡眠中は霊体で霊界に行くのですから、霊の目、霊の耳を使っていると思われます。


◆思念の伝達
戦争を心配するのではなく、平和のことだけを考えその思いを世界に向けて発信することが大切です。平和への思いが人々に伝わり、それが戦争を遠くにおしやることになるのです。世の中がどれほど不穏に満ちていても、自分の行動を霊主利他愛に沿ったものにすることで周りの人々に伝染し、平和な世界を招来することになるのです。


◆睡眠中の体験
睡眠中は守護霊や背後霊たちが私たちの霊の手をとって、今必要な場所につれていってくれています。そう意識しながら眠りに入ると、霊界を身近に感じ楽しくなります。


◆大霊とは
親和性のある人々に感じる温かみや親しみの心、親子の間にある愛情が大霊です。
シルバーバーチは子供にも分かりやすい言葉で大霊を表現しています。


◆天界の場所
天界という高い世界も、私たちの身の周りに重なり合って存在しています。だからこそ、私たちの心が利他愛であふれていれば、善霊たちが援助し導いてくれるのです。


◆叡智とは
心で理解していること、真実・真理をとらえる認識力のことです。


◆無邪気さ
邪気がない(邪な思いがない)こと、私たちを取り巻く霊力(愛)に反応し続けることが大切です。常に注がれる霊力にいつも反応することによって、大霊の道具になることができるのです。
霊主の努力によって霊界が身近にあることを実感すると、何か分からないことがあれば霊界に教えてもらおうと思うようになります。これも霊界の霊力に反応しているということです。


◆天国
天国とは、神への信仰に適った言動、思いをしているときの心の状態のことを言います。
私たちは悲しくなったらシルバーバーチを呼ぶのではなく、シルバーバーチが降ろしてくれた霊訓を読むことで霊的意識を取り戻すことが重要です。それができれば、いつでも心は平安の中にいることになります。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

2月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる