シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月読書会

<<   作成日時 : 2013/04/28 19:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加いたしました。以下に、学んだ内容からいくつかをご紹介いたします。
学習は「シルバーバーチは語る 18章」と、日本が今置かれている状況から学びました。



◆日本が今置かれている状況からの学び(国家の危機に対してどう向き合うか)

・永世中立国についての確認
中立は、一見良いことのようにも見えますが、現実にはどの国も軍事的な備えがあり、他国からの軍事的脅威に対しては自国で解決することを意味します。

・同盟関係と国防について
報道では自国の負担や犠牲部分が中心に語られますが、国防や国の利益という観点からはどうなのか、負担と受益という両面から見ることが大切です。また国防について、国民一人一人が真剣に考える必要があります。
地上界は利己主義・物質主義に覆われており、理想だけでは日本国土を守ることが出来ない現実を私たちは知らなければなりません。
同盟関係や国際関係、国際協力というのは、自己満足では意味が薄いのです。

こうしたことは読書会でも同じです。真理を読み感動し、読書会を開催するだけでは意味がありません。主催者は参加者の霊的成長を願い、誰よりも努力し、入念な準備といばらの道を歩む覚悟が必要なのです。
国防の最前線で働く自衛官たちが自分や家族を犠牲にし、領土と国の安全は自分たちが守るという覚悟で働いているように、スピリチュアリストは滅私となり、真理を武器に真理によって人々を救うという気概を持つことが大切なのです。



「シルバーバーチは語る 18章」 霊界側から見た戦争より
戦争を根底からなくすために登場したのがスピリチュアリズムです。戦争の根絶はスピリチュアリズム運動の目的の一つです。


◆戦争はなぜ悪いのか
一般的に私たちは、戦争は互いに殺し合うから悪いと考えます。しかしスピリチュアリズムでは死は喜びであり、霊的成長こそが最も重要だと考えます。つまり戦争は、地上人にとって最も大切な霊的成長のチャンスを強引に奪うことになるから悪いのです。
戦争は、霊的準備の出来ていない人々を大勢霊界へと送り込むことになります。そのあまりの酷さに霊界は地上人類への救済を開始したのです。


◆戦争の原因
戦争の根本原因は、人間の利己主義・物質主義です。これは戦争をしている国だけではなく、一人一人の心の中の肉主霊従が原因なのです。(国家エゴ、民族エゴ、宗教エゴなど)
人間が利己主義・物質主義の考えを持った時、瞬時に低級霊集団をばっこさせることになることを私たちは知る必要があります。


◆戦争をなくすためには
自分の中から利己主義、物質主義を取り除き、霊的同胞意識を確立し、利他愛を実践することです。これこそが最高の反戦運動・平和運動であり、これ以外に地上界に平和をもたらす方法はありません。

利己主義とは自分の利益を先に考えることであり、利他主義とは他人への奉仕を先に考えることです。日常を他人への奉仕の思いで過ごすことは、霊界からの援助を引き出し、霊界との絆を強化することになるのです。

スピリチュアリストは、スピリチュアリズムの戦争観をしっかり理解するだけでなく、地上界の現実を様々な方向から眺め、真理普及の必要性を深く実感することが大切です。
また、地上界が平和へと向かう過程では、大悪に対して小悪でもって対処せざるを得ない場合があります。大悪には決して屈しないという強い覚悟と、大善へ向けて戦うという毅然とした姿勢が必要なのです。地上の現実をふまえ、大悪・小悪、大善・小善の観点から少しでも真理に沿って実践していくことが大切です。


<シルバーバーチの言葉>
『私が述べる教えは至って簡単なことばかりですが、それを実行に移すには勇気がいります。(語る P301L2)』





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

4月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる