シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月読書会

<<   作成日時 : 2012/05/27 06:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月の関東シルバーバーチの会の読書会へ参加いたしました。
今月の読書会では、霊界と地上界との調和が生み出す厳かで凛とした静寂を全身で感じました。こうした調和が広がることで、地上界は少しずつ少しずつ浄化されていくのだと感じました。
それでは以下に、学びの内容をご紹介いたします。

○学習内容○
・『天国と地獄T』(幸福の科学出版) P34〜50
・『シルバーバーチは語る』第9章 P153/L15〜P163/L4
・その他 『最後の啓示』(ハート出版) P107〜110


*-:-*-:-*-:-*-:-*-:-*-:-*-:-*-:-*

<『天国と地獄T』より>
サンソン氏は生前から死後の招霊を希望しており、埋葬の一時間前に招霊され心境を語ります。
氏の語った内容から、地上での生き方について学びました。

@地上人生は勇気と熱意をもって生き、地上の財物に執着しないこと。相手の霊的成長を願い、心の中で悪(利己主義・物質主義)を犯さないことが大切です。

A地上の幸福はすべて錯覚にすぎません。叡智に従い、慈愛に満ちた愛ある生活を送れば、素晴らしい霊界生活が待っています。しかしそのためには、地上で霊的成長する必要があります。

B地上の肉体はみすぼらしく、霊体は肉体とは比較にならないほど美しいのです。霊体は真理に沿い利他愛を発現することで美しさを増していきます。

C霊の世界は、神が全能を用いて創造された世界であり、地上の美しさとは比べものになりません。

D霊界と地上界が根源的に異なることは、霊界に行くと明確に実感することができます。

E霊には洞察力が具わっているため、地上人の心の内が手に取るように分かります。

F本来、交霊会(読書会)には降臨している霊人たちのよき思いが充満しており、非常に幸せを感じます。しかし実際は、参加者同士が離反したり嫉妬したりするため、低い霊に邪魔されている会が多いのです。スピリチュアリズムの神髄はエゴ(利己性)の完全な滅却にあることを自覚することが大切です。

G洞察力という霊に特有の能力を説明するのは難しく、地上人に理解してもらうためには霊人と同じくらいの智慧が必要です。ですから忍耐強く希望を持って生き、人生に満足して死ぬことです(物質的には満足し、霊的には上を目指すこと)。

H人間の本性は考えることにあります。死ぬまで好奇心をもち、平安の中で真理を探求し続けることです。そうすれば、過去・現在・未来のあらゆる疑問を解くことができます。



『シルバーバーチは語る』第9章

・活力あるエネルギー(霊力)を取り入れる
本来、地上の浄化には霊力の取り入れが必要です。人類が死や死後の世界についての霊的事実を知らなかったために物質主義・利己主義に陥り、また教義や儀式にとらわれることによって地上界は霊性を失ったのです。ですから、霊力の流入を阻むもの(エゴや間違った教義・儀式、地上的概念等)を取り除き、一人一人が霊力の通路になることが重要です。

・超自然的な能力など、ない
摂理から外れて起きるものは何一つありません。すべては大霊の自然法則に則って起きています。まだ、その法則が発見されていないだけのことです。

・洗礼と死後の環境
死後に赴く環境を決めるのは、地上生活を摂理に忠実に生きたか否かです。洗礼を受けることとは何の関係もありません。
人間は死後、亡き近親者や親和性で結ばれた霊たちによって迎えられます。さらに、地上でスピリチュアリズムのために生きた者には、霊界でスピリチュアリズムに携わる大勢の霊が迎えに来てくれることでしょう。これもすべて、原因と結果の法則によって生じます。

・イエスの教えとクリスチャン
もしクリスチャンが本当にイエスを見習っているなら、地上界は良くなっているはずです。
これと同じことはスピリチュアリストにも言えます。真のスピリチュアリストとは、イエスの生き方を模範とし、神の意志(真理)を実践する者のことです。

・教義
教義はすべて足かせになります。なぜなら、教義自体が間違っているからです。
また宗教に係わっていなくても、魂を閉じ込めるもの、魂の自由な顕現を妨げるもの(地上的価値観、迷信、慣習等)はすべて足かせになるため、排除しなければなりません。

・イエスについて (神が創造主であり、他はすべて神の創造物)
@並外れた霊的能力を持っていた。A人間の模範である。B自然法則に則って地上界に誕生し、地上での使命を果たした。

・現在のイエス
@今も地上の道具を通して地上界に働きかけている。A今の霊格は、地上時代とは比較にならないほど高い次元にある。Bイエスほど霊性の発現が高度だった霊はいない(地上界で最大級のもの)。C高級霊たちはイエスを崇拝するのではなく、イエスを通して顕現した霊力に敬意を表している。

・今後の啓示について
現代はイエスの時代と比べてクローバル化しており、思想や生き方、環境の違い等を考慮する必要があります。しかし、地上界への働きかけの背後にあるのは、イエスの時代と同じ霊力です。
今、地上界には霊訓が下ろされ、私たちは日々霊力を感じています。そのこと自体が霊界からの指導を受けていることと同じなのです。目にこそ見えませんが、一人一人が日夜霊界から多くの導きを受けています。



<その他の学び 『最後の啓示』より>
霊界は、スピリチュアリズムに携わる私たちのことを生活のすみずみまで承知しています。この大事業は、霊界と地上界との協調関係のもとで推し進められているからです。
私たち皆が霊界から援助を受けています。そのことを日々意識して生きることが大切です。



<今月のシルバーバーチ> 『シルバーバーチは語る』 P156より
大切なのは地上生活を最高の摂理に忠実に生きたか否かです。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

5月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる