シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月読書会

<<   作成日時 : 2012/01/29 15:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加いたしました。
一年の始まりにふさわしい霊妙な雰囲気の中で、今年一年の目標を心に刻みました。
少しでも高級霊の方々の思いに近づけるよう、精一杯自分を高めていきたいと思います。


<学習内容>
『最後の啓示』 P15〜19 (ハート出版)
『シルバーバーチは語る』6章・7章 P111〜

-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-*:-

○『最後の啓示』 P15〜19

*自分の居場所を聖別する
心霊スポットの真の意味は、“聖別された場所”のこと、つまり住人の霊と精神が調和して、より高い生命の界層からの影響力を受けられる場所のことです。(例:日本スピリチュアルヒーラーグループの公開ヒーリング、皆が高い意識をもって集う読書会等)
霊性の高い人(全人類を思い、自分を犠牲にする精神を持つ人)が住むことで、その場所に高級霊が集まり高い霊気を発するのです。ですから何よりも重要なのは、霊性、人間性を高めることです。高級霊が思わず援助したくなるような人間、高級霊にとって魅力ある人間になることの方が先です。(聖別することだけに集中するのは返って逆効果です。低級霊のからかいにあいます)

*伝道は種まき
真理の伝道とは、広く種まきをすることです。無理に説得したり説明したりする必要はありません。真理は時期が来ない限り受け入れられるものではないからです。また無理な普及は、逆に相手を真理から遠ざけることにもなります。そのためネットなどで広く普及する方法がよいと言えます。

 

○『シルバーバーチは語る』6章 P111〜

*身体(肉体)を授かることの意味
私たちが生まれる時に授かる身体は、いわばオーダーメイドです。つまり、一人一人の霊性進化にとって必要な身体、カルマの清算に最適な身体を授かっているのです。ですから、生まれながらの障害があったとしても、霊の部分ではすべてを納得して生まれてくるのであり、何一つ不公正・不公平はありません。

*治癒の原則
病気はカルマが切れれば治り、カルマが切れていなければどんなに優れたヒーラーでも治すことはできません。
(どんな病気も治せると語るヒーラーは、霊的な事実をまったく理解していないと言うことができます)

*ヒーリングの意味
たとえ治らない患者(死ぬことが分かっている患者)であっても、ヒーリングを施すことは大霊の心を顕現させることであり善いことです。また、霊性が低いから病気になるのではなく、霊性が高くてもカルマが解消されていなければ病気になります。

*偶然はない
地上界にも霊界にも、偶然というものはありません。すべては神の摂理に従って起きています。

*自由意志
地上人は、霊的成長のために神から自由意志が与えられています。摂理に適うほうを選択することによって、私たちは霊的成長することができます。
例えば余暇を過ごす場合、全人類を思い真理を学ぶのか、普及への意欲を高めるためにテレビを見て英気を養うのか、あるいは単にテレビを見て過ごすのかによって、霊的成長に及ぼす影響は大きく異なります。
同じテレビを見るという行為も、動機が何であるかによってその霊的価値が決まるのです。

*神の法則
私たちは何人たりとも、神の法則から逃れることも法則の外に出ることもできません。しかしそれは、私たちが法則によって守られ、安全・安心の中で霊的成長できるよう配慮された、神の完璧な愛の表れなのです。

*治癒エネルギー (参照:『スピリチュアル・ヒーリングとホリスティック医学』P192)
宇宙には、痛みを和らげたり完治させたりする治癒エネルギーが存在しています。ただ今の地上界レベルでは、そうした宇宙で最高の治癒エネルギーは使用できません。これは、霊媒(ヒーラー)と患者の霊性レベルの問題です。



○『シルバーバーチは語る』7章 P120〜

*大霊とは (参照:思想U1章−7)
@創造主としての神
A被造物すべてに存在する大霊としての神
B究極の愛なる神
C摂理としての神
D究極の理想としての神

*神はすべてを知っている(=摂理としての神)
神は完ぺきな摂理を通して、すべての人間・万物を完全に支配し、把握しています。

*完全なるもの、不完全なるもの
すべてのことに段階があります。利他愛にも低いものと高いものとがあり、善や悪にも段階があります。人間も万物も不完全から完全へ向けて進化を続け、不完全さがなくなることによって、少しずつ完全へと近づいていくのです。
この法則が理解できると、人を責めたり憎んだりすることがなくなります。なぜなら、霊性には幾つもの段階があり、どんなに低い段階にいる者であっても、将来には必ず今自分がいるところまで上ってくることが分かるからです。相手の霊的成長を願う思いが自然に湧いてくるようになります。

*堕落した人間、同胞に害を及ぼす人間
人間は神から自由意志が与えられ、自ら霊的成長するように創造されています。私たちは、善いことも悪いことも自由意志によって選ぶことができるのです。それをあえて悪い方を選んだのですから、すべての責任は自分自身にあることになります。



<今月のシルバーバーチ>

偶然というものはあなた方の世界にも私たちの世界にも存在しません。断言します――大霊の摂理は完ぺきです。そのうちあなたも摂理の働きをつぶさに理解して、私と同じように、その完ぺきな摂理を生み出した完ぺきな愛の存在に気づいて、驚異の念で陶然となることでしょう。  『シルバーバーチは語る』 P113



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

1月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる