シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月読書会

<<   作成日時 : 2011/11/27 06:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

11月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加いたしました。
今回は再生人生の決定について学びました。今、スピリチュアリストとしての道を歩んでいることこそ摂理の完璧さの証明であると知り、地上人生の責任の重さをより一層強く感じました。もう一度、再生前の覚悟に戻ってこれまでを内省し、スピリチュアリストとしての責任をしっかり果たしてまいりたいと思います。
それでは、以下に学んだ内容をご紹介いたします。


○*-*-学習内容-*-*○
・再生前の決意について 『新たなる啓示』P159・P170 / 思想T−8章 より
・『シルバーバーチは語る』 5章 P90/L14〜P99/L12



<再生前の決意について>

・真理に出合うということ
真理に出合ったということ、読書会に導かれたということは、誕生前に自ら決意し降りてきたことを意味します。また今、読書会の席に座っていることが摂理の完璧さを証明しています。
この事実を深く得心すると、地上人生への責務がより一層強く意識できるようになります。

・再生人生の決定
@自己選択  霊的成長の可能性と責務の観点から地上人生を選びます。
A強制的再生 前世のカルマ解消のために強制的に再生させられます。選択の余地はありません。

@の場合、地上で体験する苦難の全体像と、それによって得られる霊的成長の道をフラッシュの形で見せられます。幾つかの選択肢の中から、進化した霊になるほど困難な道を選びます。そうした人生は、霊にとって覚悟ある挑戦なのです。

・スピリチュアリストの再生人生
自分の困難・苦難を乗り越えることだけが今回の人生の目的ではありません。霊界に帰ってからさらなる大きな仕事をするために、地上で準備をするのです。地上人生は、いわば永遠の生命の助走です。本格的な仕事は死後に始まるのです。

・再生人生と守護霊の導き
一般的に守護霊は類魂の仲間から選ばれます。日本では400〜500年前の先祖が守護霊になると言われてきましたが、実際に先祖が守護霊になることは滅多にありません。私たちは守護霊に感謝しながら、守護霊の導きのもと真理の道を歩むことが大切です。



シルバーバーチは語る 5章

P90/L14〜
・自由意志と自己責任の法則
神は、霊的成長のために人間に自由意志を与えています。摂理に沿った道か摂理に反した道か、人間は常に選択を迫られています。霊的成長するためには、理性と自由意志が必要なのです。(間違った宗教が怖いのは、人間の自由意志と理性による判断を奪い、霊的成長を妨げるからです。)

・苦難こそ成長の糧
苦難こそ成長の糧であり喜ぶべきものです。摂理に沿って正しく取り組むとき人間は成長するのです。楽ばかりでは成長しません。
その中で最も価値があるのは、真理普及に伴う苦難です。自己を犠牲にし、ひたすら人々の幸せのために苦しむとき、貴い価値ある宝(霊的成長)を手にすることができるのです。

P91L11〜
・うんざりするスピリチュアリスト
知識の収集に終始し実践しないスピリチュアリストのことを、シルバーバーチはうんざりすると言っています。霊界が真理を下ろした理由は人類を救済するためです。一人一人が真理に沿って生き、救われることを霊界は望んでいます。
私たちは、学んだ知識を頭から心に落とし浸透させることが大切です。知識として頭に留めているだけでは、実践にまで意識が向かないからです。真の実践者となるためには、祈りや瞑想、霊主肉従の努力と、常に神の前にいることを意識して生活することです。

P92/L8〜
・自由意志・自己責任・因果律の法則について
地上の悲劇と混乱は、地上人が何かを選択する際に霊的意識ではなく本能意識で選択してきたことが原因です。どのような選択にも因果律は働き、その結果を刈り取ります。地上界を支配しているのは、大霊の摂理以外に何もないのです。

本能意識 → 摂理に反するものを選択 → 悪い結果(混乱・悲劇・戦争・流血・・)を刈り取る
霊的意識 → 摂理に適うものを選択 → 善い結果(平和・幸福・豊かさ)を刈り取る

P93/L16〜
・神を知る=摂理を知ること
霊団の使命の一つは、神とは何かを明らかにすること、つまり神の摂理を教えることです。政治も経済も教育も福祉も全てが摂理に則って計画され運行されるようになれば、地上界に平和が訪れます。

・摂理の学び方(平和へと導く方法)
@苦痛、落涙、流血、悲劇を体験して学ぶ
A愛と奉仕の精神を通して霊的資質を発揮する中で学ぶ
スピリチュアリストは真理を普及すること(最高の利他愛の実践)によって神の摂理を学ぶことができます。

P95L3〜
・利他性は霊性の指標
霊性の高さ=魂の偉大さ=利他愛の大きさです。これは霊界にまで通じる偉大さの指標です。(地上の偉大さは、お金や名声、地位、スポーツでの成功等であり、地上でしか通用しません。)謙虚で奉仕精神に溢れた者が霊界では高く評価されます。

P96L15〜
・自由意志の制約について
人間はバイブレーションといった放射物の影響を受けています。しかし、それらのものは真理に沿って生きていれば必ず克服できます。
また、各自の進化のレベルに応じて、自由意志を行使する範囲は異なります。進化するほど行使範囲は広がりますが、進化した者ほどその範囲の中で一番レベルの高いもの(最も摂理に適ったもの)を選択するようになります。

P98〜P99L12
・苦難による霊的成長の法則(光と影の対象の法則)
あらゆる体験が永遠の人生の大切な一部となります。そこには、数回にわたる地上生活を通して一本の糸(霊的成長の筋道)が貫かれています。すべての体験は、霊的成長へと向かう一本の糸によって結ばれています。


<今月のシルバーバーチ>
調和を基本的摂理とするこの大宇宙にあっては、あなた方一人一人が大霊の計画に貢献しているのです。地上生活での出来事は、時には辛さと絶望、痛みと悲惨さに満ちていることもあるでしょうが、その全てが、永遠の旅路に向かうための試練なのです。
『シルバーバーチは語る』 P98



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

11月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる