シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月読書会

<<   作成日時 : 2011/10/23 15:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加いたしました。
今月は、心の平安についての学びが強く印象に残りました。世界中の人々が平安・平和を求めているにもかかわらず、これまで一度も得られたことはありません。またその方法さえ知りません。
霊的真理が普及され、人々が摂理に一致した生き方をするようになるまでは、恒久的な平安は得られないのだと痛感しました。
いついかなる時も心は平安でいられるよう努力し、精一杯、真理普及に貢献していきたいと思います。
それでは以下に、学んだ内容をご紹介いたします。


<<学習内容>>
・スピリチュアリズム普及会・第3公式サイト 第5部 5章
・その他の真理の学び 
・『シルバーバーチは語る』 5章 P84/L12〜P90/L13



<第3公式サイト スピリチュアリズムの心霊現象論 第5部−5章

*道具について
“霊界人の導き”と“地上人の努力”がうまくかみ合ったとき、道具が誕生します。このことは、霊界人の導きが得られないうちは道具とは言えないことを意味します。スピリチュアリズムは霊界が主導だからです。
霊界の求めるすぐれた人材とは、@霊主肉従の努力、A利他愛の実践、B自己犠牲、C道具意識、これら4つの項目すべてをクリアし、常に霊性を高める努力をしている人です。利他愛や自己犠牲は霊主となって行うことで、より価値あるものになるのです。


<その他の真理の学び>

*霊主肉従
・生活レベルの霊主(食べていくことができればそれでよいと割り切ること)
・意識レベルの霊主(霊的自立すること。つまり、神と神の摂理に則して生きること。神の愛を求めること)

*霊的成長と物質的な富
物質的な富(お金・財産等)を多く持っている人は、持たない人に比べると肉主霊従に陥りやすく、その分だけ霊主肉従の闘いには相当な意志の強さが必要となります。

霊としての正しい生活(霊主・利他愛)に徹していれば、生活に必要最低限のものは与えられると心から信じることです。

私たちは日々時々刻々霊的なものと物的なものとの選択を迫られています。イエスの“まず神の国を求めよ”という言葉は、まず利他愛を実践しなさいということです。私たちは霊的家族(類魂)の代表として地上に来ているのですから、霊的成長する方を選択し、類魂全体の進化に貢献しようと強く思うことが大切です。


シルバーバーチは語る 5章> 

P84/L12〜

*摂理に対する絶対的信頼
取り越し苦労、不安、恐怖、心配は、進化の指標です。愛(全人類への利他愛)と信念(神と神の摂理への絶対信頼)と知識(正しい霊的知識)の3つがあれば、恐怖心は湧きません。もし恐怖心が湧いた時は、その波動に巻き込まれることなく真理にしがみつくことです。全ては進化のために起きていることだからです。

P85/L16〜

*法則は、物的・霊的世界の両方を支配している
「一つの大生命があり、それに幾つもの側面があるに過ぎません」 これを本当に理解することによって意識が広がり、霊界への理解が深まります。物質界と霊界は区切られた別個のものではなく、波長が荒いものから精妙なものへと変化していく一つの世界なのです。

P86/L8〜

*霊的視野で地上の問題に取り組む
地上は苦境から教訓を学ぶ場所です。摂理がそのようになっているのです。苦しい、悩んでいるという状態は、物的視野になっている証拠です。
スピリチュアリストは、永遠の生命から考える、つまり霊界に還ったときのことを考えて行動することです。霊的成長しさえすればよいと心を決め、不安に巻き込まれないようにします。たとえどんなに苦しくても、地上にいる間だけのことです。

*スピリチュアリストの武器
スピリチュアリストの武器は、霊界のことをいつも考えられることです。何をするときも、霊界との関係の中で考え、行動していくことができます。そうして霊的感性を養い、常に霊界を感じ導きを感じられるようになるまで努力することが大切です。

P87/L15〜

*真の安らぎについて
本当の心の安らぎは、摂理に一致しない限り得られません。(瞑想やヨーガ、音楽鑑賞等によって一時の安らぎは得られても長続きはしません。)恒久的な平安は、人間の内部にあるものだからです。
“外面的な事情がどうであれ心は常に平安でいられる”、これがスピリチュアリストの目指す境地です。世界には大霊の計画が行きわたっているのだから大丈夫だという思いを持つことができれば、心は平安でいられます。
地球レベルの平和は、真理の普及でしか達成されないのです。

P88/L14〜

*霊界人の愛の深さ
高級霊と同じ思い同じ視点で地上界を見、何とかしてあげないといけない!という思いを持つことです。真理普及は片手間にやってはならないのです。

P90〜P90/L13

*成長レベル
私たちは成長レベル以上のことはできません。シルバーバーチが言うように“恐怖心はいけない”と知っていても、恐怖心を持つことがあります。しかしそれを仕方ないと思うのではなく、自分を叱咤激励して、少しでも克服し、少しでも霊的成長できるよう努力し続けることが大切なのです。


<今月のシルバーバーチ>
愛と信念と知識のあるところに恐怖心は生じません。進化した魂はいついかなる時も恐れるということを知りません。人生のいかなる局面に際しても、自分は大霊であるがゆえに克服できないものはないとの確信があるからです。   『シルバーバーチは語る』 P85





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

10月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる