シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月読書会

<<   作成日時 : 2011/08/27 06:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

8月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加いたしました。
私たちは真理に出合い、普及に携わる場が与えられているということ、そして、地上と霊界との交流の場である読書会に参加させていただけることを、本当に心から光栄に思いました。
何があっても真理に沿って生きると決心し、実践していくことで、少しでも地球の浄化と地上から悲劇をなくすことに貢献していきたいと思います。
それでは以下に、学んだ内容をご紹介いたします。

--* 学習内容 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--
・先月からの学び 新たなる啓示 ハート出版 P172、P102
・シルバーバーチは語る 4章P71/L2 〜 5章P78/L4
--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*



<先月からの学び --地上の悲劇E>

・地上の悲劇 E霊的無知による幽界下層の悲劇 (新たなる啓示 P172〜)
人間が死後すぐに訪れる場所は幽界の下層です。ここは地上から送られた人々によって構成されるため、地上の影響が色濃く残る、霊的光の届かない場所です。

本来人間は霊的存在なのですから、霊的真理や霊界の存在を知ることは地上人として最低の当たり前のことです。
スピリチュアリストの役目は、真理を知らない地上人に本当の生き方を教え(手本を示し)、地上にいる間に霊的覚醒させ、死後幽界の下層に長く留まることがないようにしてあげることです。それがE番目の悲劇をなくし、地上界と幽界下層を共に明るく、霊的成長していく世界へと変えていくのです。

・霊団は決して見捨てない (新たなる啓示 P102)
一人一人が最善を尽くしたなら、それ以上のことをする必要はありません。私たちは、スピリチュアリズムという大きな流れの中の1コマとして、残りの地上人生をスピリチュアリズムのために捧げていけばいいのです。私たちにとって最も大切なのは、霊界への篤い信頼です。


シルバーバーチは語る 4章 P71/L2〜>

P71/L2〜
・霊界と地上界を隔てるもの
地上界と霊界がつながらない原因は、地上人の唯物主義・物質主義(モノしかないと思うこと)です。逆に、霊界を意識すれば霊界とつながることができます。何よりもまず、心の中から唯物主義・物質主義を取り除くことが大切です。

・地上人は無償の貢献を通してのみ救われる
本当に人類を救えるのは、ただ“救いたい”という純粋な思いと、犠牲を当たり前とする奉仕性を持つ人の行為だけです。

・シルバーバーチの「自分は道具にすぎない」という言葉
シルバーバーチは絶えず、自分は道具であることを明言しています。私たちもまた自分を霊界の道具と位置付け、常に道具意識を忘れてはなりません。道具意識を持つことで、不安や心配を持つことがなくなります。
また、少しでも人類救済の役に立てること、読書会(霊界との交流の場)に参加できることは本当に光栄なことです。

・単純な霊的真理
シルバーバーチは、人間は霊的存在であり、神のご意思によって霊の大海から取り出された一滴であるということを教えてあげたいと願っています。また、人間の内部には神からの神性を受け継いでおり、自由意志を用いて霊的成長できるという大霊の恩寵に与ることができます。(動物には神性はありません)

P72/L7〜
・普及に対する姿勢
シルバーバーチは、今人類にとって一番必要なものを高級霊界で吟味し、人間の理性に訴え地上に下ろしていると述べています。この言葉は、シルバーバーチ霊団の自信の表れです。よって、私たちが手にした真理は神の真理であるという強い確信を持つことが大切です。そうすることで、いかなる疑いや人々の反抗に遭っても屈することはなくなります。

・神の子としての自覚
人間はミニチュアの神であり、神と親子関係にあることを強く自覚することが大切です。それにより、日常の行為を律することができます。人間は、神から授かった資質(神性)を発現するよう努力して初めて、神に近づくことができるのです。

P73/L7〜
・高級霊団の思い
真理を手にした者は、摂理に沿って生きることで霊的光の通路にならなければなりません。その責任はとても重大です。私たちは霊中心に生きること、犠牲的精神・崇高な思いを持つこと、真理を深く理解することによって、スピリット能力を高めることができます。そして霊界は、その能力に応じて私たちを霊力で満たし、導き、支え、一人でも多くの者を道具に仕立てていく用意があると述べています。常に高級霊が導き援助してくれていることを意識することが大切です。


シルバーバーチは語る 5章

正しい宗教とは、神の定めた霊的法則に沿って生きることを人々に教えることです。これを教えてあげられるのは、今はスピリチュアリズムしかありません。

P76〜
・絶対的法則の存在について
法則は完ぺきに働き、誰一人として逃れることはできません。感情や祈りによっても法則を変えることはできません。自分を摂理に合わせていく方が賢明な生き方です。
スピリチュアリズムは、法則の存在を教えることで、霊的無知から生じる危険から人々を救うことができます。

P77/L2〜P78/L4
・人間としての生き方について
@人間の二重構造
人間は物的部分(動物から進化したと言われる部分)と、霊的部分(神から授かった神性)からなる二重構造をしています。霊的部分(神性)は動物にはありません。

A人間の能力
肉体には自然治癒力・セルフヒーリングの能力があり、霊にはいかなる困難をも克服する霊力が具わっています。

B能力を引き出す方法
摂理通りに生きる、これだけです。

C人間を占める要素
行為だけでなく、言葉や思念も人間の存在を決定する重要な要素です。私たちが摂理通りに生きられない一番の原因は、心に思うことを霊がコントロールできないことです。
今の地上界を覆う悲劇と混乱は、一人一人の行為が集まった結果です。私たち一人一人の行為が地上界をつくるのであり、その一人の責任はとても大きいのです。
だからこそ私たちは摂理通りに生きると決心し、真理を実践していかなければなりません。それが地球の浄化に貢献することであり、人生を価値あるものにするのです。そして地上から悲劇をなくすことにつながっていきます。



<今月のシルバーバーチ>

私たち地球浄化の大軍には霊力という武器があります。地上界の有志を鼓舞し、導き、心の支えとなり、飢えた魂に心の糧を与え、病に苦しむ人々に癒しを与え、全ての人にインスピレーションと啓示と叡知をもたらすことが出来ます。  『シルバーバーチは語る P73』



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

8月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる