シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月読書会

<<   作成日時 : 2011/06/25 05:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

6月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加いたしました。
神聖な霊力と霊的光の降りる場で、同志の皆様とともに霊的真理を学ぶことができ、本当に感謝しています。
地上のいかなる出来事も、神の創造計画の範囲内で起きているのですから、私たちは何も心配することはないのだと心に刻みつけることができました。全てのことを霊的視野で見る、という訓練をしていきたいと思います。
それでは、以下に学んだ内容をご紹介いたします。

-*--* 学習内容 *--*--*--*--*--*--*--*--
・霊的視野と物的視野について
・最後の啓示(ハート出版) 心霊治療のプロセス P69
・『シルバーバーチは語る』 第3章 P55/L14〜P64
-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-


≪霊的視野と物的視野について≫

・放射性物質には半減期が2000兆年や44億年のものがある中で、私たち人間の肉体は長くて100年程度です。しかし肉体の中に宿る霊は2000兆年よりも遥かに永く、永遠に存在し続けます。
肉体生命の短さに比べ、永遠に生き続ける霊の凄さ、素晴らしさに私たちはもっと意識を向けることが大切なのです。(参照 「日常の中のシルバーバーチ」 “福島第一原発事故から思うこと” )

・全てのことは、神の計画の範囲内で起きています。つまり神の承認していないことは起きないということです。だから私たちは何も心配せず、神の摂理に適う生活を送ることです。

日常の出来事を通して、霊的視野と物的視野の明白な違いを日々訓練して身につけていくことです。それによって、霊界への実感度が増していきます。
また、霊界を信頼することは、辛いことの多い地上人生に希望を与えてくれます。霊界があると思うからこそ、苦しみを乗り越え、少しでも霊的成長して霊界に還ろうという勇気が湧くのです。



『シルバーバーチは語る』第3章

・新しい生命の春(地上天国)の訪れ P55/L14〜
シルバーバーチの励ましの言葉が書かれています。
春は必ずやってきます。心配することは何一つありません。なぜなら、この地球の総責任者は大霊だからです。
ただし春がいつやってくるかは、私たち人間が自由意志をどう使うかによって決まります。つまり地上人の一人ひとりが自由意志を正しく使い、摂理に適う方を選択していくことによって実現するのです。自分の中から利己主義・物質主義を取り除くことが大切です。
またスピリチュアリストは常に、崇高で気高い気持ちでいること、高い意識を持つこと、霊界に軸足を置くことが必要です。

・シルバーバーチの使命 P56/L15〜
シルバーバーチは、地上人に神の摂理を届けるために波動を下げて降りてきました。“波動を下げる”というのは決して簡単なことではなく、様々な困難や危険性があることを私たちは常に心に留めておくことです。
またスピリチュアリストは、摂理に忠実に生きなければなりません。なぜ自分は摂理に忠実に生きられないのかをよく考えてみることです。金銭欲・自己顕示欲・傲慢さ・不寛容・世間に迎合してしまう等といったことがないかどうか、常に自分自身に厳しく問いかけていくことが大切です。

・摂理の存在 P57/L14〜
摂理に適った生き方をすればどうなるか、摂理に反すればどうなるかをシルバーバーチは教えてくれています。
スピリチュアリズム(人類救済)は、98%は霊界が準備し、残り2%を地上人が真理を実践することによって達成されるのです。(詳細は、ニューズレター24号参照)

・物心両面の均衡 P58/L12〜
多くの人の興味は、物質(モノ)の方にばかり偏っています。しかし、私たちの霊が肉体を失った後も永遠に存在し続けることを考えれば、地上で霊中心に生きること、霊と霊体にも栄養を与えること(真理の学び、祈り、瞑想)の重要さが分かります。
また、スピリチュアリストは常に霊主肉従でなければなりません。もし霊主が確立されていなければ、低次元の利他愛(物質次元のボランティア等)で満足してしまうからです。スピリチュアリストは高次元の利他愛を発揮することが大切です。それは、自らの利己性を取り、利他愛で人を愛すること、真理を普及することです。

・地上の問題 P59/L16〜
霊的無知・悲劇・貧困、これらは霊的知識を基盤とした政治が構築されない限りなくなりません。真理はすべての基盤になる必要があるのです。
また、地上の物事を様々な角度から眺め、何故だろうと疑問を持つことです。疑問を持つということが進化の始まりだからです。
そして、今の政治がどうであろうと、どのような出来事が起ころうと、自分に来た苦難は真理に沿って正しく乗り越え、霊的成長することが何より大切です。この一点に意識を向けている限り、恐れることは何もありません。

質疑応答 P61〜
・スピリチュアリズムの普及について
真理は親しい友人や知人、家族であっても、時期が来なければ受け入れられません。また、そういう人々に普及しようとするのは、物的視野で人を見ているからです。
霊界には、真理の普及に関する計画があります。私たちスピリチュアリストは霊界に協力していくのです。
こうした点からも、江原氏の普及は間違っていることが分かります。スピリチュアリズムの名を広めただけでは意味がありません。人々の魂と心に訴え、その人が霊的人生を歩むことこそが重要だからです。

・霊的プラン
個人の人生から見れば進展は見えません(肉体次元から見ているから進展が見えないのです)。霊的な進化はゆっくりと進みます。
私たちは、地上で自分の果たすべきことをやる、それが神の創造進化に参画することになります。そして、大霊のプロジェクトの一員としての自覚を持ち、全人類の幸せのために自らの人生を捧げることです。



≪今月のシルバーバーチの言葉≫  

何事も見かけの結果だけを見て判断してはいけません。あなた方は物的な目でしか見ることが出来ないのです。もしも霊的な目で見ることが出来れば、人間が一人の例外もなく完全に公正な扱いを受けていることがお分かりになるはずです。
(中略)
また私は死の関門をくぐり抜けて霊界入りした人ともよく語り合ってみることがあるのですが、こちらへ来てから地上生活を振り返ってみて大霊に抗議したいと思うような不当な扱いを受けたと文句を言った人は一人もいません。    「シルバーバーチは語る」P59


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

6月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる