シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月読書会

<<   作成日時 : 2011/05/29 05:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加いたしました。

<学習内容>
・原子エネルギーについて(『あらたなる啓示』 ハート出版 P157〜159)
・『シルバーバーチは語る』第三章 P50〜55
・その他の学び
・江原啓之氏の新事業について
以下に、学んだ内容をご紹介します。


<原子エネルギーについて(新たなる啓示 ハート出版 P157より)>
・動機が大切
どのようなものを発見してもよいが、発見した知識は人類の福祉のために使用し、敵軍や自然界を破壊するためのものであってはならないとシルバーバーチは述べています。知識を使用する時に、人間の霊性が大きく関与します。

・発明・発見時の問題
知的発達が霊的発達を追い越したとき問題となります。知識が肉主霊従と結びつくと、人間が原爆を造り出したように、人類にとって決して良い方向に使われないからです。

・シルバーバーチの見解
シルバーバーチは原子エネルギーを否定してはいません。霊性の進化とともに、放射能の影響を中和するものが発明されるであろうことを述べています。

・原発事故
今回のような原発事故が起きたとき、心の中心に何を置くかによってその人の人間性・霊性が現れます。地上は自分を霊的成長させる場であるという一点に意識を向けている限り、地上の問題で心配することはありません。


シルバーバーチは語る 第三章 P50〜55>
・ニセの宗教の終焉
今後ニセの宗教は衰退し、実践するスピリチュアリストが増えるに従い、霊界からの鮮明な光が地上に差し込むようになります。よって、真理を手にした者の使命がいかに大きいかを実感することが大切です。

・真理
江原氏がやったように、人が手を加えたものは真理ではありません。真理は純粋なまま手渡し、その人に受け入れる時期が来るまで待つことです。また普及で重要なことは、人々に正しい生き方を伝え、その人が正しく生きるようになることです。

・地上人への戒め
教えを説く個人に関心を寄せてはいけません。最も大事なのは、教えそのものです。また人を見るときに大切なのは、肩書や地位、学歴等ではなく、その人の本質(日々どういう考えを持ち、どういう思いで暮らし、どういう行動をとっているか)です。それが、霊界人が地上人を見る時の視点です。

・高級霊の願い
高級霊に倣い、どのような人であっても尊厳を持って見ることが大切です。
高級霊が霊訓を下ろした究極の目的は、人間の存在価値を大霊との関係の中で説き、人類は全て霊的同胞であることを理解させることです。その事実を知れば、地上人の生き方が変わるからです。
私たちが真理に沿って生きるとき、大霊の宇宙美化活動に参画できるようになるのです。

・霊界からの啓示
高級霊たちは、地上人に霊中心に生きることを教えてあげたいと願っています。
そのために私たちは、自分の心から唯物主義(お金、物が大事という思い)を捨て去らなければなりません。唯物主義、利己主義を捨て去った時、霊性が上がり本当に気持ちのよい心境に至れるのです。

・今の地上界の現状
シルバーバーチは「地上界は破滅に瀕し、混乱の極みにある。絶望と不和と敵意に満ちている」と述べています。この言葉から、霊界は地上界のことを的確に見ていることが分かります。
私たちも地上界の混乱、悲劇を絶えず見続け、普及への意欲を湧き立たせることが大切です。

・霊界からの働きかけ
霊界からの働きかけはすべての分野にわたっています。またどの分野であっても人の役に立つことは宗教的であり、素晴らしいことです。
しかし真理を手にした者は、それ以上に真理普及を第一に考えなければなりません。真理を普及することが、人間にとって最高の救いとなるからです。

・霊能者・霊媒者
霊界は、地上界が大霊の意図に沿って発展するよう、大霊の波動を身につけた者(霊媒・霊能者)を地上に派遣しています。しかし、そうした霊能者たちが霊能力をお金儲けに使うなど、物的な人生を送っているのが現状です。
無名の私たちでも真理に沿って生きることで、霊媒・霊能者としての役割を担うことができます。


<その他の学び>
・コラムの中の“9つの摂理”について
9つの摂理を深く理解すると、霊魂の実在についての理解、実感が深まります。逆もまた同じで、霊魂を実感することができると、一つ一つの摂理への理解が深まります。
摂理の理解に伴い、お金や肉体を失うことよりも魂を傷つけることの方が辛いという実感が湧くようになります。

・本当の幸せとは
スピリチュアリストは、スピリチュアリズムに人生をかけられることが最高の幸せであるという心境に至ることが何より大切です。


<江原氏の新事業について>
スピリチュアリストとして、本物と偽物とを見分ける目をもつことが必要です。そして、スピリチュアリズム最大の本質は「霊界あげての大規模な救済活動である」ことを深く認識することです。
・江原氏の言葉に惑わされないこと
・江原氏のどこがどう間違っているのか、指摘できる力をつけること
・行為こそが大切
・スピリチュアリズムの重大性を深く認識すること


<最後に>
今回、江原氏の日本スピリチュアリズム協会の実情を学んだことで私は、偽物はいずれ消えてなくなることを確信しました。なぜなら人間の心の奥には、より神聖でより高尚なものを求める霊の欲求があることを強く感じるからです。

震災の過酷な状況下で、被災者たちの規律正しく秩序ある行動が世界中の人々に大きな衝撃を与えましたが、それもまた、被災者のより美しくより犠牲的な行為に人々の心が引き寄せられたのだと思います。

ですから、霊訓の崇高さ、気高さ、聖純さを備えたもの、奉仕性が高く、より犠牲的な無償の行為でしか人々の心を導くことはできない、偽物にその力はないと私は思います。
高級霊の方々を見習い、一歩でも近づけるよう精一杯がんばりたいと思います。
今月も同志の皆様とともに、神聖な霊力のもとで霊的真理を学べましたことを心より深く感謝しています。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

5月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる