シルバーバーチと歩む真理実践の道

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月読書会

<<   作成日時 : 2011/03/26 20:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加いたしました。

<読書会の流れ>
・開会の祈り
・ニューズレター48号の朗読(録音)
・『シルバーバーチは語る』 P40〜44 輪読と解説
・シルバーバーチの祈り
・感想と参加者からの一言
・閉会の祈り

次に、読書会で学んだ内容をご紹介いたします。


『シルバーバーチは語る』第三章 P40〜

・霊界通信の背後にある世界規模の計画
高級霊界通信は世界規模(霊界規模)の計画に基づいて行われています。その先端に私たちスピリチュアリストがいるのです。自分には、霊界通信を人々に伝えるという非常に大きな役目があることを、絶えず意識することが重要です。それが普及への意欲を湧かせることになるからです。

・スピリチュアリズムの目的と意図
@絶対不変の摂理の存在を証明する
A地上人に慰めを与え(人間は死後も霊界で生き続けることを教え)、霊的知識を広める
B物的法則だけでなく、霊的法則の存在を知らせる
地上ではどんなに優秀な学者であろうと、物的法則の知識だけで霊的法則を知りません。私たちは、その霊的法則を今学んでいるのだという重大性を深く認識することが大切です。

・スピリチュアリズムの前に立ちはだかるもの
人類救済のためには宗教組織と自由を束縛する教義を取り壊す必要があります。

・魂の革命
真理を手渡し、人々の魂を革命するのは容易な仕事ではありません。なぜなら自分の意識革命でさえ、大変なことだからです。
 *すべての出来事を霊的視野で見ることができるか
 *地上で苦難の中にある人々に対して霊的成長してほしいと心から願えるかどうか
 *物質文明ははかないものであることを悟り、質素な暮らしの中で霊的成長していくことができるか
これらのことを常に自分に問いかけ、自らの精神を改革していくことが大切です。

・スピリチュアリズムの努力目標
霊的観点から見て、本当の宗教とは何かを示すことです。人類が真理の重要性(精神革命の重要性)を認識することは、どんな革命よりも遥かに大きな革命となります。根本的な革命は、真理を知り、正しい神を理解することでしかなし得ないのです。

・地上界への霊力の流入
人々に真理を渡すことで、一人一人が自分の中から利己主義・物欲を捨てていくことが大切です。
またスピリチュアリストは、自己犠牲の多寡によって霊界からの援助が決まります。自分を捨てられない人(自分の生活が大切な人)は、霊界からの援助は得られません。霊界との通信を決定づけるのは、スピリチュアリストの心の内容(摂理に適うものであること、利他愛、自己犠牲を喜びとすること)なのです。

・大霊の霊力の道具
真理に適う生き方をしようと懸命に努力する人、霊主で利他的に生きる人が、霊力のチャンネルになることができます。

・意識変革のプロセス
@学ぶときは正しい理解をすること
A意識変革は行きつ戻りつ進む。急激な変化は長続きしない(永遠性が必要とされる)
B真理普及は根気よく続ける
一人の変革は、物質第一主義に打ち込む一本のクギです。地上の変革は、全員が意識を変えることによってなされるのです。

・発達の種類
@精神に係わるもの=サイキック能力・心霊的能力(霊体の持つ能力、霊耳・霊眼等)
A霊に係わるもの=スピリット能力・スピリチュアル能力(霊の高次のもの、純粋なもの)
心霊的能力には大して価値はありません。肉体を脱げば誰でも持てる能力だからです。両方の能力を兼ね備えたとき、その人は優れた霊能力者と言うことができます。

・シルバーバーチの説くメッセージ
@人間を真の意味で自由にし、大霊から授かった資質(霊的要素・自由意志)を有り難く思わせてくれるメッセージ
A地上的な拘束や束縛をふり捨てる方法を教えてくれるメッセージ
B霊的知識を十分に満喫させてくれる(人生の目的、死後の事実、人類はどこへ向かうのかを教えてくれる)メッセージ
C霊的存在としてどう生きるかを教えてくれるメッセージ
D美・愛・叡智・理解力・真実・幸せ(=霊的なもの)とはどういうものかを教えてくれるメッセージ
E真の宗教とは何かを教えてくれるメッセージ

・霊団が地上で遭遇する拒絶
神父や牧師等、宗教関係者からの拒絶。霊魂の存在を信じられない人には、真理を受け入れることはできません。しかし、人類を救う方法は霊的真理しかないため、スピリチュアリズムの仕事はますます要請されていきます。真理は真理であるがゆえに、いずれ地上に広がっていきます。

<その他>
・人類救済とは
神と神の摂理への信仰と、精神革命によって人々の意識を霊的に変えることです。これ以外に人類を救う方法はありません。

・人間は霊的存在・意識体
神(大霊)は一番大きな意識体、つまり、最高級の寛容性・奉仕性・協調性・愛・慈悲を持った完璧で無限の意識体です。私たちはそのほんの一部の未熟な意識体です。このような「意識」に対する認識が、自分を霊的存在として意識するためにはとても重要なのです。


<最後に>
東北関東大震災の混乱の中、各自が真理普及への必要性・重要性を感じ、真理を学びに集まりました。
地上に起こる様々な出来事を霊的視野で眺めることで、霊界の方々と同じように、地上の人々のために自分を役立てたいという意識を強く持つことが出来ました。
震災の苦難を皆で乗り越え、日本が霊的に新生し復興する姿を世界に示すことができるようにと心から願っています。また私は、そのために最大限の努力をしていきたいと思います。
被災された方々が一日も早く真理に出合い、霊界からの励ましや援助が皆様の心に届きますよう、心からお祈り申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

3月読書会 シルバーバーチと歩む真理実践の道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる